1. ホーム
  2. 知的財産権

Twitterでのスクショ投稿は著作権侵害になる?

Q 
Twitter(ツイッター)で、他人の投稿をスクリーンショットで保存して、投稿をしようと思います。
このような行為は許されるのか、教えて下さい。

A 
裁判例(東京地判令和3年12月10日)は、上記方法による投稿は、他人の著作権を侵害するもので許されないと判示しました(ただし、発信者情報開示請求の事案です)。

本記事では、裁判例について争点となった点を解説します。


澤田直彦

監修弁護士:澤田直彦
弁護士法人 直法律事務所 
代表弁護士

IPO弁護士として、ベンチャースタートアップ企業のIPO実績や社外役員経験等をもとに、永田町にて弁護士法人を設立・運営しています。

本記事では、
「Twitterでのスクショ投稿は著作権侵害になる?」
について、詳しく解説します。

弁護士のプロフィール紹介はこちら直法律事務所の概要はこちら「著作権」について、お問い合わせはこちら

裁判例(東京地判令和3年12月10日)の要点

上記裁判例は、Twitter(ツイッター)の規約は、Twitter上のコンテンツの複製、修正、これに基づく二次的著作物の作成、配信等をする場合には、ツイッターが提供するインターフェース及び手順を使用しなければならない旨を規定し、Twitterは、他人のコンテンツを引用する手順として、引用ツイートという方法を設けていることから、上記規約に定める手順を使用することなく、スクリーンショットの方法で他人の投稿(著作物)を複製してTwitterに掲載することは、著作権法32条に定める「公正な慣行」に合致するものと認めることはできないと判示しました。

その結果、他人の投稿をスクショ画像でそのまま複製しTwitterに掲載することは、著作権侵害に該当すると判断しています。

争点と裁判所の判断

本件では、他人の投稿についての「著作物性」と、著作権法32条に定める「引用」の成否が争点となりました。

※「著作物性」につきましては、「著作物にはどんな種類がある?【著作権と著作物】」の記事もご参照ください

著作物性について、上記裁判例は、「140文字以内という文字数制限の中」で、投稿内容の構成には作者の工夫が見られ、また、表現内容においても作者の個性が現れているとして「言語の著作物」としての著作物性を認めました

次に、著作権法32条に定める「引用」の成否ですが、Twitter社が定める規約に違反する引用方法は「公正な慣行」に合致しないとして、適法引用を否定しました

(本判決は、Twitter規約の内容を根拠に、シンプルにスクリーンショット画像の添付投稿について「公正な慣行」に合致しないと判断しており、「公正な慣行」が何かについてより詳細に検討すべきであったように思われます。)

企業法務における留意点

社員のSNS利用については、社内規程を設け企業秘密を開示しないことはもちろん、コンプライアンスを遵守して使用するよう注意を促されている企業様も多いと思います。

スクリーンショット画像を添付する方法により、他人のツイートを引用しながらツイートすることはしばしば見られますが、是非、社員に今一度、注意していただければと思います。


本記事でのキーワード「引用」に関しまして、下記記事もご参照ください。 著作権を引用するときのルールと、気をつけるべきポイント

直法律事務所では、IPO(上場準備)、上場後のサポートを行っております。
その他、プラットフォーム、クラウド、SaaSビジネスについて、ビジネスモデルが適法なのか(法規制に抵触しないか)迅速に審査の上、アドバイスいたします。お気軽にご相談ください。
ご面談でのアドバイスは当事務所のクライアントからのご紹介の場合には無料となっておりますが、別途レポート(有料)をご希望の場合は面談時にお見積り致します。


アカウントをお持ちの方は、当事務所のFacebookページもぜひご覧ください。記事掲載等のお知らせをアップしております。

著作権に関する相談は、
弁護士に相談して解決

著作権は、特許権、実用新案権、意匠権等と異なって、登録手続を経ることなく、発生する権利です。そのため、著作権に関する理解が浅く、トラブルとなるケースが多発しています。このような著作権に関する相談は、なるべく早めに弁護士に相談、解決しましょう。

クライアント企業一例