不動産法務

不動産法務

このようなお悩みはありませんか?

  • 賃借人が家賃を滞納している。
    部屋を明け渡してもらいたい。
  • 隣接地所有者のブロック塀が当社所有地に
    越境して築造されている。撤去させたい。
  • 入居者による騒音などの迷惑行為に
    困っている。どのように対応すべきか。
  • 新社屋を建築したが、瑕疵があった。
    建築業者に対して損害賠償を請求したい。
  • 工場建設用地として購入した土地の地中
    から、大量の建築ガラが出てきた。

弁護士法人 直法律事務所の特徴

当事務所の弁護士は、東証一部上場の大手企業を含め、様々な不動産関連企業の顧問を務めた経験がございます。特にオフィスビル、マンション、ゴルフ場、リゾートクラブの管理問題など、知識だけでなく経験が重要となる分野においても、十分な実績がございます。

取り扱う不動産の規模が大きければ大きいほど、取引において動く金額や影響範囲も大きくなります。早い段階での戦略的な予防法務が、不動産ビジネスにおいて何よりも重要となるでしょう。税理士や建築士、不動産鑑定士など他士業と連携し、トータルでサポートいたします。

その他、不動産開発・取引・境界問題をはじめとする不動産案件、競売関連問題、施工上の瑕疵・追加工事等の土木・建設案件など様々なトラブルに対応いたします。建物明渡し請求に関しても、強制執行までを実地で経験しているため、より具体的で現実的なアドバイスが可能です。予防法務はもちろんのこと、訴訟となった際も迅速に対応し、トラブルの影響範囲を最小限にできるよう務めます。