保険金レスキュー

Solution
家族信託・遺言書作成

家族信託・遺言書作成に関わる
このようなお悩みありませんか?

  • 親亡き後の、障害をもつ子どもをサポートしてもらいたい
  • 家族信託を利用して、老後に備えた財産管理と資産承継をしたい
  • 財産を争いが起きないように、遺すべき人に対して遺したい
  • 遺言書をどう残したら良いかわからない

家族信託・遺言書作成に関するお悩みは
相続レスキューにお任せください!

相続レスキューのサービス

家族信託

ご自身の老後や介護等に備え、保有する不動産や預貯金などを信頼できる家族に託したい、管理・処分を任せたいといった場合に弁護士がサポートします。また、生存中はご自身を受益者とし、お亡くなりになった後は、ご自身の配偶者やお子さまなどを受益者と定めることによって、ご自身がお亡くなりになった後における財産の分配を信託によって実現する場合(遺言代用信託)にもご利用いただけます。
ケースとしては、ご自身が保有する先祖代々の財産を子供へまず相続させ、その子供が亡くなった後に相続させたい人物がいる場合(後継ぎ遺贈)や相続人に障害者がおられ、その相続人のためにサポートを任せたいといった場合に利用されることが多いです。

遺言書作成

ご相談者様のニーズに沿った遺言書の作成は、書籍に掲載されている典型例を利用するだけでは実現できないことが多いです。当事務所では、お打ち合わせにより、「どうして遺言書を作成されようと思ったのか」ご相談者様の真のニーズをじっくりとお聞きし、そのニーズに沿った、法的に有効な遺言書を作成します。
また、後日、遺言の有効・無効が争われることを防ぐために、動画撮影、証人の用意等、遺留分の計算をさせて頂くサポートも承っております。

ご相談費用について

当事務所では、年間100件以上の相続・遺言等に関するご相談をいただいております。遺産相続事件に関する専門性の高さを武器に、迅速に紛争の核心や要点をつかみ対応いたします。複雑で解決困難な遺産相続問題であっても、ご依頼者様の利益のために最後まで諦めずに闘い続けます。

家族信託・遺言書作成の解決事例

家族信託・遺言書作成に関わる解決事例をご紹介しております。

家族信託・遺言書作成についてお悩みの方へ

相続においては、「自分が亡くなったあと、どうしたらよいのか」とお悩みの方も多くいらっしゃると思います。当サービスでは、家族信託・遺言書の作成に関しても、ご依頼者様のニーズに沿った、適切な対策・アドバイス・サポートをプロの弁護士がおこないます。お悩みの方はお早めにご連絡ください。

Contact 初回相談は 0
相続に関わるお悩みは相続レスキューにお任せください

ご相談はお気軽に

関連記事

トップへ戻る